天下り監視委、ようやく始動へ 国会同意人

2008年12月の設置以来休眠状態が続いていた「再就職等監視委員会」の委員長と委員の人事も1日、国会で承認され、国家公務員の再就職先をチェックする仕組みがようやく動き出す. 監視委の初代メンバーとして承認されたのは、委員長の羽柴駿弁護士と4人の委員. 月内にも野田佳彦首相が任命し、動き出す予定だ. 藤村修官房長官はこの日の記者会見で「これで規制違反監視の実効性を上げていくことができる」と期待感を示した. 07年成立の改正国家公務員法は、省庁の人事担当者が職員の天下りをあっせんすることを禁止. 監視委がそれをチェックする仕組みだった. だが、移行措置として一時的に、天下りあっせんを承認する権限が監視委に付与されたため、当時野党の民主党が問題視. 加山さん「彼の分まで散歩頑張る」 地井さ Jumpmanとシルバーアニバーサリージ 人事案を3度不同意にした.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s